スタッフブログ

花粉症と歯医者さん

みなさん、こんにちは^^あもう歯科、歯科衛生士の山口です。 ブログをいつも読んでいただきありがとうございます。 冬の寒さもだいぶやわらぎ、もう少しで春がやってきますね。卒業式や入学式、新しいことをスタートする時期になります。それと同時に花粉が飛ぶ季節ですね。 この時期に悩まされている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか? 実は花粉症と歯医者さんは意外にも密接に関係があります。今回は花粉症とお口の環境についてお話させていただきます。 花粉症の症状というと、鼻水・鼻づまりなどありますが、これが続くとムシバや歯周病を招く原因のひとつとなることがあります。 お鼻で呼吸ができなくなり、自然と口で呼吸することになります。 そうするとお口の中は水分が蒸発し乾燥しやすくなります。お口が乾燥するとムシバ菌や歯周病菌は増えてしまう環境になるのです。 何故、お口が乾燥すると菌は増えるのでしょうか? 本来口腔内は唾液で潤っています。唾液は菌の繁殖を防ぐ役割があるのですが、乾燥状態が続いてしまうと歯垢が歯につきやすくなり、菌も増えてバランスが崩れてしまうからなのです。 また春先は気温の変化が激しく、身体が適応しようと頑張ってしまいます。免疫力が下がる時期でもあるので、急に歯や歯ぐきが痛くなる方も多く、注意が必要です。 花粉症の症状が出ている方は、水分をたくさんとることをおすすめします。 また、普段よりも歯磨きを少し丁寧にしてみましょう。