あもう歯科 HOME > 入れ歯治療

入れ歯治療

1保険、保険外義歯 など多彩な義歯メニューをご用意しております。(通常の入れ歯、インプラント、ブリッジ)
快適な義歯生活を送れるようお手伝いいたします

歯が無くなった場合の治療法

入れ歯
ireba

部分入れ歯を固定する為に健康な歯に針金を引っ掛けます。見た目にも審美性が悪く、引っ掛けている歯に負担がかかり、歯を弱らせる原因となります。

ブリッジ
brige

抜いた歯の周りの健康な歯を削って、かぶせ物を装着します。咬む力がかかった時には周囲の歯にかかる負担が大きく、歯を弱らせる原因となります。

インプラント
implant

インプラントの場合、インプラントがズレたり、食べ物が内側に入って痛くなることがありません。満足する噛み心地が得られるでしょう。

(保険適応)レジンフルデンチャー

5樹脂でできた全顎入れ歯です。

(保険適応)レジンパーシャルデンチャー

6樹脂と、支柱と歯の掛け金が金属でできた部分入れ歯です。 歯の掛け金部分に金属が少し見え、また、内側の樹脂に厚みがあります。

ノンクラスプデンチャー

8一般的な部分入れ歯では、歯に金属のバネをかけなければなりませんが、 ノンクラスプデンチャーとはクラスプ(金属のバネ)のない入れ歯のことです。
バネがないため見た目が自然で、入れ歯と気づかれることが少なくなります。

金属床デンチャー

10保険適応の義歯と違い、基盤として全体に各金属のフレームを使用しているため義歯全体が一体となっていて装着時に適合性が良く、痛みが出にくいです。
また、レジン床と違って薄く熱伝導が良いため装着感が自然です。

コバルト
保険のレジン床のものに比べ、厚みが5分の1程度で、金属床3種類の中では1番お手頃な価格です。

チタン
金属床3種類の中で1番薄く作ることができ、粘着性のものがくっ付きにくい素材です。
また、金属アレルギーのリスクも低いです。

ゴールド
金属床3種類の中で一番熱伝導が良い素材です。
また、耐久性・耐蝕性も一番高く、変色も少ない素材です。

コンフォートデンチャー

12入れ歯の裏面を生体用シリコンという弾力性のあるクッション性の高い素材で覆った入れ歯です。
柔らかい素材のため、噛んだ時の痛みが軽減することと、裏面の生体用シリコンが密閉性を生み出し吸着力が増し外れにくい特徴があります。
また、現在お手持ちの義歯に特に問題がなければそちらを使用してコンフォートデンチャーに作り替えることも可能です。

総入れ歯について

メリット

1.保険のものは安価(3,000円~)
2.外して洗える
3.比較的早く作れる

デメリット

1.大きい、発音しづらい
2.はずれやすい
3.歯ぐきにぶつかると傷になる
4.臭いがする
4.金属でつくると快適だが高価(30~50万円)

souireba

料金について

治療内容により料金は変わってきます。詳しくはこちら

診療時間