セラミックについて | 診療科目 | あもうホーム歯科クリニック|寝屋川市香里園の矯正・虫歯の治療・小児歯科

診療科目

セラミックについて

銀歯による治療は先進国では日本だけ?

先進国の中で日本だけが、当たり前のように銀歯を治療に用います。
海外では、治療に金属はほとんど使いません。スウェーデンやドイツなど、歯科医療の発達した国では体に悪影響を及ぼす可能性があるとして、歯科での使用を禁止されています。

そもそも銀歯とは?

一般的に銀歯と呼ばれる詰め物は、銀を主成分とする金銀パラジウム合金です。金や銀のほかに、パラジウム、銅、亜鉛などさまざまな金属が配合されています。
銀歯は保険適用のため、費用が安いのが最大のメリットではありますが、逆に言えばそこにしかメリットがありません。

銀歯

では、銀歯にはどんなデメリットがあるのでしょうか?

 

金属アレルギーを引き起こす
銀歯に含まれる金属が腐食し、溶けだした成分が金属アレルギーをはじめ、体にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。
また、歯ぐきや歯を黒ずませる原因にもなります。

 

劣化しやすく、二次むし歯になりやすい
銀歯が劣化し歯との境目に隙間ができると、歯垢(プラーク)がつきやすくなり、そこから二次むし歯になってしまうことがあります。その結果数年おきに治療の必要が発生する場合も少なくありません。

 

審美性の低さ
口を開くと銀歯が目立つため、笑顔になりにくいという悩みを抱える方も多くいらっしゃいます。

セラミックとは?

セラミック(オールセラミック)は、陶器や焼き物に使われる素材のみで作られた、天然歯に近い見た目の被せ物です。
従来、被せ物といえば銀歯でしたが、最近では銀歯よりセラミックを選ばれる方の比率が高くなっています。
セラミックを選ばられる方が増えた理由としましては、以下のメリットがあげられます。

あもう歯科セラミック

天然歯に近い見た目の美しさ
陶器のようなツヤ感があり、歯との境目も自然で目立たないため、高い審美性が得られます。

 

経年劣化しにくい
銀歯の平均寿命7年に対し、セラミックは10年程度、きちんとお手入れをすれば20年ほど持つとも言われています。

 

二次むし歯になりにくい
経年劣化しにくい素材のおかげで歯との境目に隙間ができにくく、二次むし歯になりにくいと言われています。

 

金属アレルギーの方も安心
金属を一切使用していないため、金属アレルギーを引き起こす心配はありません。

 

こうした特徴を踏まえ、当院では基本的にはセラミックを使用した治療を推奨しております。

銀歯とセラミックの比較

セラミック比較表

セレックについて

従来の型取りの代わりに3D光学カメラで歯を撮影し、精密な情報をもとにコンピューターでセラミックブロックを削り、詰め物を作製するマシーンです。
高品質なセラミックを使用するため、耐久性に優れ、変色や変形といった心配もありません。もちろん金属アレルギーの方もご利用いただけます。
当院では、セレックオムニカムMCXLプレミアムを導入しております。

あもう歯科セレック

当院でのセラミックの価格

オールセラミック

奥歯

120,000円(税別)

前歯

100,000円(税別)

インレー
(小さな被せ)

60,000円(税別)

セレック

奥歯

50,000円(税別)

前歯

インレー
(小さな被せ)

30,000円(税別)

 

その他セラミック素材を各種ご用意しております。
初診時のカウンセリングにてしっかりご説明させていただき、患者さまに最適な治療メニューを提案させていただきます。